SHAME -シェイム-

最近みた映画の中で印象に残ったものがこれ。

e0327919_11105076.jpg


「愛なら、毎晩ティッシュにくるんで捨てている」
このキャッチコピーって日本だけなのかな?
だれが考えたんだろう。

はい、今回の映画は18禁です。


More
[PR]
# by aquarium-night | 2014-01-16 22:39 | 映画

2014年になってた、久しぶりの更新。


10月に申し訳程度にブログ書いてから久しぶりの投稿。


年変わってたw


10月末に日本に帰って11月あたまにシンガポールに戻ってきてから気が抜けたのか
8度5分まで熱だして2週間弱体調がすぐれなくて(それで日本での出来事とか書く気なくなって)
そのあとなんだかんだ忙しくしてたからブログを書こうという気持ちにならなかった。
書きたいことはいろいろとあったんだけど、気持ちの浮き沈みも激しかったし。
でもいろいろ落ち着いたし、年が明けたのを機にまた再開。

あと逆にもういいかなって思ったエントリーは消した。
ブログを始めたころは全部記録しとかなきゃ!って気持ちだったけど、
今は自分が残しておきたいことだけでいいかなって思うようになった。
それだけこっちの生活に慣れたってことで。

それから一瞬英語ブログ化してたけど、そのへんの記事とか他にも下げた。
今までは記録ツール使ってなかったからブログに記録を残していたけど
今はSTUDYPLUSで学習時間とか教材とか記録できるからそのへんは解決したので。
それから今までは、誰も知らないところで新しい生活が始まるから、
いろいろ記録に残しておこう、やったこととか記録して(何かしら意味を見出して)おこう、
って思う気持ちが強かったけど、今はそんなことしなくても大丈夫だし、やっていける。
まぁ最初の一年(12年8月~)は見事に成功したと思う。英語の勉強がんばる、とか、
読んだ本や観た映画、行ったところを記録する、それだけでなにかしら意味があるような気がして
寂しいとか帰りたいとかそういう気持ちになることはほとんどなかった。

まぁでもこれからも細々と続けていくつもりです。ハイ。

ところでこちらの2014年1月1日は曇りでした。
なので全然関係ない日に撮った夕焼け写真載せておくw
相変わらず文章構成適当w

e0327919_3375911.jpg
[PR]
# by aquarium-night | 2014-01-03 03:41 | 日々

詩的私的ジャック-二人は、数字の11よりも接近した。-


詩的私的ジャック (講談社文庫)
森 博嗣
講談社
売り上げランキング: 172,637



久しぶりの更新。

森博嗣二冊目。
はまってしまった。

シンガポールで日本の本買うと文庫本でもバカ高いから
クラーク・キーにある日系の古本屋で一冊だけ購入。
それでも9ドルしたけど。。(定価695円)
シリーズものだから2作目が欲しかったんだけど
残念ながらなくてたくさんあった詩的私的ジャックと封印再度・・・
なんとなくジャックを買って読んでみました。てか最中。。

最初に読んだ「全てがFになる」より地味目で、特にブログにも書かずに終わるだろうな、
なんて思ってたんだけど、
タイトルに書いたセリフからその章の最後までのやりとりが・・・とても素敵だったので
思わず記録エントリー。それだけのために今この記事を書いてる。
本筋とはまったく関係ないんだけどねw
自分が思いもしないような言葉の使い方に出会えたときって結構幸せ。

本って普段自分がだれかと絶対しないような会話や思考が詰まってるから
そこに触れられるのが本当に楽しい。

ミステリーものにハマるのは初めてだけどシリーズが最後どうなるのか気になるから
9月に友人がこちらに来る予定なんだけど
このシリーズを買って来てくれって頼んでしまった。
はよ来い友人!(不純)

全然関係ないけど今日気づいたら2時間近く掃除機かけてた。
めっちゃ汗かいたので、風呂入って夜ご飯作る。

そして明日の夜はどっかカフェで、詩的詩的ジャックを読み切ってしまう予定。

早く明日になれー

[PR]
# by aquarium-night | 2013-08-22 18:20 |

オペラ座の怪人@マリーナ・ベイ

先日は貴族的な週末を過ごした。
というか遊び倒しただけの話だけど。
ミュージカル鑑賞→カジノ→ご飯。という自分的にかなりの豪遊をして来た。

今シンガポールにオペラ座の怪人のミュージカルが
マリーナ・ベイでやってるので観てきた。
ていうかオペラ座の怪人3回目(笑)
ニューヨーク(英語)→東京(日本語)→シンガポール(英語)
こんな感じで3回観たんだけど、なんか今回のが一番感動した。

ニューヨークでみたときは、席が一番前で役者さんの表情もよく見えたし
衣装とか小物とか細かいところまでみれたんだけど、
今回は2階の遠い席だったから、全体を見渡す感じで
3回目だったから余裕もってみれたのかな(笑)
ちょっと遠かったらミニュチュアの人形が動いてるみたいに感じだ(笑)
特に最後のpoint of no returnのところはすごく感動した。
結構すすり泣いてる人とかいて、ニューヨークとか東京とかで観たときは
今回ほど周りの雰囲気も感動したって感じじゃなかったら、
やっぱり今回は全体的に歌とか芝居がすごかったのかもしれない。
また観に行く機会があればぜひ、もう一回観に行きたいな。

マリーナ・ベイだったから、そのあと初めてカジノにはいった。
みんな平気で1000ドルとかコインに変えててすごい世界だと思った(笑)
一番ビックリしたのは隣の席でやってた明らかに小奇麗なおばさんが
ブラックカードでやり取りしてたよ(笑)
まぁそんなひとたちばっかりじゃないだろうけど、お金の感覚がおかしくなりそう(笑)
コーヒーも水もコーラもスプライトも無料だったからとりあえずたくさん飲んで帰ってきた。
↑こんなことやってる時点でカジノ向きじゃない(笑)

そのあとはサマセットにある焼肉屋さんで焼肉食べて帰ってきた。
日本人経営でお客さんも日本人ばっかりでほとんど日本だったな(笑)
久しぶりにユッケも食べて超満足。
カジノで100ドル勝ったからそれで食べたけど、よゆーで100ドル超えた。
ちなみに気になったメニュー↓

e0327919_18574850.jpg
1580ドルのビビンバってなんだこれ(笑)

[PR]
# by aquarium-night | 2013-08-04 19:03 | 日々

『すべてがFになる』読了。

すベてがFになる (講談社文庫)
森 博嗣
講談社
売り上げランキング: 5,108

こちら本日読了。
実はミステリーものを読むのは初めてでした(笑)
あったとしても、記憶に残ってないくらい。
東野圭吾も伊坂幸太郎も(適当にあげただけ)読んだことない。
というか昔伊坂幸太郎はSOSの猿を途中まで読んでて、挫折した(笑)

そんな感じであまり興味がなかったんだけど、きっかけは
森博嗣が萩尾望都のマンガの「トーマの心臓」を小説化してて、
それを読んでこの人の他の小説も読んでみようかなって思ったのがきっかけ。

それでなんとなく古本屋で2冊ほど買って
本日、デビュー作の「すべてがFになる」を読み終わったところ。
個人的にはおもしろかったと思う。
文庫で500ページくらいだったんだけどすげー読みやすかった。
さくさく読めてすぐ読み終わった。というのが最初の感想。
ミステリーって犯人は誰だろうって思うからか、さくさく進んでった。
若干怖かったけどw

ここからはちょっとネタバレになるんだけど、


More
[PR]
# by aquarium-night | 2013-08-01 15:14 |


進捗ダメです。


by ぱん

画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

全体
日々
映画
洋書

アニメ

以前の記事

2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 06月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 01月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 02月
2012年 01月

画像一覧

ブログパーツ

外部リンク

その他のジャンル

検索

ライフログ


新装版 コインロッカー・ベイビーズ (講談社文庫)


ライ麦畑でつかまえて―The catcher in the rye (講談社英語文庫) (Kodansha English library)


レオン 完全版 [DVD]


キャメロット・ガーデンの少女 [DVD]