樅の木は残った

コレ読もうと思ったきっかけは2時間ドラマ

田村正和

原田甲斐田村正和で脳内再生

周五郎の女の描き方がちょっと男性的かなって感じ。
50年前の本だから仕方ないけど、今の時代に書いたら女性の描き方はもうちょっと表現が変わるかな?と思った。
まぁ私も「女」は自分しかやったことないからわからないけど、そこまで本能だけで生きてねーよ。って感じはあった。出てくる女がみんな本能的する感じがした。唯一かいのお母さんだけはそんな感じではなかったけど。

50年前の男性から見た女性観てのが垣間見えるかなという気がした。

でもその辺はおいといて、やっぱりすごい作品だと思う。

[PR]
# by aquarium-night | 2014-04-29 19:22 |

『私を離さないで』読了。


わたしを離さないで (ハヤカワepi文庫)
カズオ・イシグロ
早川書房
売り上げランキング: 2,084

ブログに書いてなかったけど3月に読了してた。
映画を公開当時一度みただけで、結末ネタバレ以外の細かい内容はすっかり忘れてた。


More
[PR]
# by aquarium-night | 2014-04-19 23:12 | 洋書

「風の谷のナウシカ」劇場にて。

これはシンガポールに越して一番うれしかった出来事かもしれない(笑)
こちらでジブリの「風立ちぬ」上映に際して、劇場でジブリ特集が組まれて
ジブリのいろんな作品を2回ずつくらい上映してた。

それでジブリの中で一番好きな「風の谷のナウシカ」劇場でみれた!!
(1984年公開当時さすがの私も生まれてないww)
日曜日のは予約しようとしたらもういっぱいで
月曜日の午後9時からの観れた。

何度も何度もみたけど、劇場で観れるなんてそれはもうドキドキしたよ(笑)

オウムとか虫とかスクリーンだとすごく迫力あるし
ナウシカがメーヴェで飛ぶシーンも躍動感やばいし
何度も鳥肌たった。

ほんっとに劇場でみれてよかった。

前にも書いたかもしれないけど、
こっちのお客さん反応いいからちょっとしたとこで笑ったり
ランランララー♪のところでは一緒に口笛ふいてる人までいたけど(おいw)
でもクライマックスのあたりでは観客みんな食い入るように真剣に観てるのが
空気感で伝わってきた。すごい緊張感というか、あの空気が変わる感じなんだろう。
わざわざ劇場に観にくるわけだから、みんなも当然ナウシカ観たことあるんだろうけど、
それでも、30年たっても、こんだけ色褪せないんだからほんとすごい作品だなって思う。

それから、やっぱ劇場で集中してみてたせいか、
いままで恥ずかしながら、最後のほうで
ペジテの人が「ラステルさん・・・」ってつぶやくシーン、ずっとスルーしてたけど
あれナウシカとラステルを重ねてたのね!!
この前劇場で観ててやっとそういうことか!って気づいた。
同じ作品でも集中してみれば気づくことって
結構あるんだなって思った。

とにかく、劇場でナウシカ観れるなんて機会一生ないと思ってたから
ほんとにほんとにうれしかったし、観れてよかった!

ちな帰りのタクシー、ここ数日ヘイズで視界悪かったんだけど
夜は雨上がりで空気が澄んで摩天楼がめちゃキレイに見えた。

[PR]
# by aquarium-night | 2014-03-19 00:54 | 映画

夏のレプリカ

今、書いてたのが、あと投稿っていうだけでぜんっぶ消えた・・・。
ショックすぎて言葉に出来ない。

夏のレプリカ (講談社文庫)
森 博嗣
講談社
売り上げランキング: 90,434

というわけでもう一回やりなおしだ(白目

森博嗣作品は今のところ11月から読み始めてS&Mシリーズ7作目まで読んだ。
「詩的私的ジャック」の感想書いてからは投稿してなかったけど、
今回読み終わった「夏のレプリカ」は読み手によっていろいろ解釈出来ると思ったので
自分なりの感想。

ものすっごいネタバレになるので続きはネタバレオッケーの人だけで。


More
[PR]
# by aquarium-night | 2014-01-26 00:35 |

さよならドビュッシー

さよならドビュッシー 【DVD通常版】
キングレコード (2013-08-02)
売り上げランキング: 41,657

こちらも橋本愛ちゃん目当てで観た映画。
この作品は自分的に大いに当たりだった。

ただこちらの作品原作が「このミステリーがすごい」とかなんとかを受賞してるらしいのですが
本格ミステリーを期待して視聴すると相当な肩透かしをくらうと思う。
この作品はどっちかってーと
1人の(2人の?)女の子が苦悩する青春映画なんじゃないかな?
ミステリーはほんとうにちょこっといろどり程度に添えてあるだけって感じ。
だって観る人絶対99%、あーこれ絶対あれだよなーって思うよ。
自分も思った。あー絶対そうだよなーって。
それでそうだよなーって思いながら見続けつつも
やっぱり橋本愛ちゃん大好きな自分にとっては
愛ちゃんかわいいし、住んでるお屋敷のアンティーク豪華だし、
愛ちゃんがいろんな衣装で登場するし、目の保養になった。
(決して変態目線ではない。)
なんというか一昔前のガーリームービーのような感じ。
この映画の雰囲気がすごく好きだった。
うるさすぎなくて落ち着いてみれる。
それからピアノの先生役の人、本当のピアニストの人らしいんだけど
すごく良かった!
穏やかで優しい雰囲気で・・・そりゃ「キスしてください」って言いたくなるわw
俳優さんじゃないということはあの雰囲気は彼が持ってる本当の雰囲気なのかな。
すごくよかったです。
それからダメおじさん役の人も、終始重ための雰囲気に
ちょいちょい明るさを足してくれたから、観てて間が持たないかも・・・
って時にナイスな演出だったな。

この映画が上映された当時ってどんな感じだったかあんま覚えてないけど
ミステリーを押し出してた気がするから
もうちょっと違う角度にしたら相当映画の評価上がる気がするんだけどなー。

それから最後にわかる真実、どう考えてもやっぱりね!としか言いようがないんだけど、
それでもネタバレ時の愛ちゃんにはグっとくるものがあったから、
全部ちゃんとわかってもう一周するとまた違うかも。
近々もう一回観る。

[PR]
# by aquarium-night | 2014-01-20 16:11 | 映画


進捗ダメです。


by ぱん

画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

全体
日々
映画
洋書

アニメ

以前の記事

2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 06月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 01月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 02月
2012年 01月

画像一覧

ブログパーツ

外部リンク

その他のジャンル

検索

ライフログ


新装版 コインロッカー・ベイビーズ (講談社文庫)


ライ麦畑でつかまえて―The catcher in the rye (講談社英語文庫) (Kodansha English library)


レオン 完全版 [DVD]


キャメロット・ガーデンの少女 [DVD]